ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2017年06月06日

Eccentric Motorcycle/2001 SR400/No.051【再掲載】


051
取材協力:エキセントリックモーターサイクル
※2013年5月31日の記事を再編集しました。

 

リアセクションを大胆にリビルド!
ソフテイル仕様でチョッパースタイルを極める!!

エキセントリックモーターサイクルが得意とするのが、SRやW650をベースにしたソフテイル化。国産アメリカンのスイングアームを流用したその仕上がりはまったく違和感がなく、完成度の高さに多くの注目をあつめている。ここに紹介するのも同店が製作したソフテイル仕様の1台。フレームは前半分は純正のままで、リアを大きくモディファイ。バルカン純正スイングアームにドラッグスター純正リアサスペンションを組み合わせることで、チョッパー然としたシルエットと快適な乗り心地を両立させているのだ。また、このマシンはガレージチョッパーをイメージしており、ショーモデルのような華やかさはあえて排除されている。荒々しさの残るディテールと純正のような仕上がりの車体フォルムのコントラストが、このマシンが非常に高い技術とセンスを持つビルダーによって組み上げられたことを証明しているといえよう。

オーナーやビルダーによってさまざまな姿にそのスタイリングを変えるSR……ソフテイル化もまた、SRが見せる新たな姿である。

 


051a
ヘッドライトにはクルマ用フォグランプを流用。Fフォークには4インチのジョイントを追加する。

 

051b
キャブレターは初期型VMを流用。アンブ製インマニでサイド出しすることで存在をアピールしている。エアクリーナーはモーターロック製をチョイス。

 

051c
ピーナッツタンクがマシンシルエットの完成度を高める。ペイントはベースがオーナーが担当し、イラストはツネ氏が描いた。

 

051d
ライザー一体型ハンドルは同店によるワンオフだ。

 

051e
高くカチ上げられたマフラーはワンオフで製作。リア周りのアクセントとなっている。

 

051g
同店のシートではお馴染みとなるラズダズル製ワンオフシートを採用。その下にドラッグスター純正リアサスペンションが見える。

 

051h
バルカン純正スイングアームを加工して装着。マシンフォルムは純正SRとは全く異なるものとなっている。

 

051x

Custom Spec
エキゾーストシステム:ワンオフ/キャブレター:初期型VM/ヘッドライト:クルマ用フォグ/テールランプ:インパラ純正テールランプ/ハンドルバー:ワンオフ/グリップ:神戸グリップ/Fブレーキキャリパー:グリメカ/シート:ラズルダズル/リアフェンダー:フラットフェンダー加工/フューエルタンク:ピーナッツ/サイドカバー:ワンオフ/電装ボックス:ワンオフ/フロントフォーク:純正+4インチジョイント/スイングアーム:バルカン純正加工/Fホイール:XS650用Hリム19インチ/Rホイール:MGグッズ製16インチ/シッシーバー:ワンオフ etc.

 

関連記事