ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2017年03月14日

山口輪業/YAMAHA SR400 “山口輪業六号機”/No.036【再掲載】


036
取材協力:山口輪業
※2012年12月10日の記事を再編集しました。

 

コンパクトな車体が
シングルエンジンの軽快さを増幅!!

山口輪業による1台がここに紹介するマシンだ。余計な外装を取り外し、フューエルタンクにDT125純正を流用。シートはM&M’S製を加工。さらにフロントフォークは5cmローダウンで、リアサスペンションは280mmのローダウンサスを採用することで、まるで125ccを思わせるサイズ感を実現している。

他にもトラッカーハンドルをショート化することで、絶妙なライディングポジションとシルエットを作り出し、ヘッドライトに採用したトラクターフォグはマシンにビンテージ感をもたらしている。
しかし、そんな外観に反してFCRとスーパートラップの組み合わせは、スポーティな走りを予想させる。

ライトな仕上がりながらも、ビルダーのセンスによって上手くまとめられたビンテージトラッカー。だが、定番とはひと味もふた味も違う1台である。

 


036a
ヘッドライトはトラクターフォグを採用。
適度な径と厚みがマシンにビンテージ感をもたらせている。

 

036b
フューエルタンクはDT125純正を流用加工。
車種が違うとはいえ、やはりヤマハ車にはヤマハ製タンクがよく似合う。

 

036c
ハンドルバーはトラッカーバーをショート加工して装着。
SRのスリムな車体にベストマットだ。

 

036d
M&M’S製70’sシートをベースに後端にカバーを被せて使用。
ハードなイメージを作り出している。

 

036e
山口輪業のカスタムではすっかりお馴染み! オリジナル電装ボックスを装着。
マシンのポイントとなっている。

 

036f
キャブレターはFCRφ37をチョイス。
性能アップも図られているのだ。

 

036g
スーパートラップフルエキゾーストとFCRの組み合わせによって、
スポーツ性能も高い!

 

036h
フューエルタンク横にミニメーターをセット。

 

036x

036y

Custom Spec
エキゾーストシステム:スーパートラップ/キャブレター:FCRφ37/エアクリーナー:ファンネル/ヘッドライト:トラクターフォグ/ウインカー:ムーンアイズ/テールランプ:ムーンアイズ製ウインカー加工/ハンドルバー:トラッカーバーショート加工/シート:M&M’S製加工/フューエルタンク:DT125流用加工/電装ボックス:オリジナル¥20,000 etc.

関連記事