ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2018年01月03日

MOTO SHOP 五郎/YAMAHA SR500/No.109【再掲載】


109
車両製作:モトショップ五郎
※2015年4月29日の記事を再編集しました。

 

ストリートバイクブームを牽引したモトショップ五郎の代表的SR

かつて、TWをはじめFTRにグラストラッカー、そして当然SRも巻き込んだ一大ムーブメント「ストリートバイクブーム」……その牽引役となったのが、ご存知、モトショップ五郎だ。残念ながらショップ自体は数年前に閉店してしまったが、独創性がありつつ、時流をしっかりと捉えたカスタムはいま見ても新鮮。そんな同店がかつて製作したSRトラッカーを、ここに改めて紹介しよう。

ベースとなったのはSR500で、フレームに大きな加工は施さず、足周りもSRらしさを崩すようなパフォーマンスUPは施されていない。しかし、フロントホイールは19インチに変更し、トラッカーらしいシルエットを形成。タイヤはもちろんダンロップK180をチョイスする。フューエルタンクは同店オリジナル・アルミスクエアタンクで、薄手のフラットシートと相まって、軽快感を演出する。ペイントはシェイキンスピードグラフィックスが担当しており、軽快感のなかにも華やかさを醸し出している。エンジンやリムなどにブラックを多用することで精悍さを醸し出しつつ、タンクグラフィックを引き立てている点にも注目だ。

フレーム加工などが一般的となっている昨今のカスタムシーンだが、ボルトオンでもここまで秀逸なマシンを作ることができる。そしてムーブメントを作り出すことだってできるのだ。モトショップ五郎の代表作はまさに、“永遠の名車”というに相応しい。

 


109a
ヘッドライトは定番の4.5インチベーツタイプ。車体イメージに合わせ、ライトケースはブラックをチョイス。

 

109b
モトショップ五郎で人気を博したフューエルタンクといえば、アルミスクエアタンク! ペイントはシェイキンスピードグラフィックスが担当する。

 

109c
シートも同店オリジナル。薄く、マシンシルエットを際立たせる逸品だ。

 

109d
フロントホイールは19インチに変更。ブレーキキャリパーはAP1ポットで、雰囲気を重視!!

 

109e
トラッカーバーとミニメーターの組み合わせは、まさに王道!

 

109f
エンジンは500のままで、鼓動感を楽しめる。まさに、ストリートトラッカーだ。

 

109g
スポーティなスーパートラップも同店オリジナル。ブラックのエキパイとアルミサイレンサーのコントラストが無骨なイメージを醸し出す。

 

109h
SRカスタムではあまり馴染みのないリアサスペンション。アメリカンイメージを演出するディテールだ。

 

109x

109y

関連記事