ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年02月22日

antlion/2008 SR400/No.161


161
取材協力:アントライオン

 

アントライオンの将来を担う!
未来のパーツを搭載したデモマシン

 ハイクオリティなビレットパーツで多くのファンに支持されるアントライオン。そのラインナップはあらゆる車種に及ぶのだが、同社が注力するのははやりSR400/500。ここに紹介するマシンは、そんなアントライオンのオリジナルパーツ及び試作品、さらにワンオフパーツをふんだんに用いたもの。
 その詳細を見ていこう。

 まず目につくのは、車体全体にあしらわれたゴールドのパーツとブラックのコントラスト。ゴールドパーツはそのほとんどが同社オリジナル、もしくはワンオフパーツで、トリプルツリーにバックステップ、ブレーキレバーにヘッドライトなどが車体を彩っている。
 ただオリジナルパーツを装着するだけでなく、カスタムマシンとしての完成度も高められている点に注目したい。排気量は595ccにアップされ、キャブレターはFCRをチョイス。エンジンチューニングはモトドッグが担当している。エキゾーストはAAA製USフルパワーで、シートはモトスタイロによるワンオフ。前後フェンダーやフロントカウルなどもワンオフで、マシンのルックスをおおいに高めている。

 高品質なビレットパーツと個性的なスタイリングにより、アントライオンのSRへの強い想いが十分に伝わって来る。今後の進化にも期待したい1台だ。

 
スポンサードリンク

 

161a
トップブリッジやハンドルバー、ミラーなどのパーツはすべて同社オリジナル。
ゴールドパーツの数々が、定番のSRにはないオリジナリティを高めている。

 

161b
フロントブレーキはブレンボで統一。
キャリパーは定番のゴールドではなく、あえてブラックをチョイス。

 

161c
クラッチケースカバーはスケルトンで、さらに周囲もゴールドのビレット。
オイルフィルターカバーやスライダーなど、見どころの多いポイントだ。

 

161d
ジェネレーターカバーもスケルトン仕様。チェーンカバーも相まって、その表情を大きく変えている。

 

161e
スタビライザーをアンダーチューブに装着。
メカニカルな雰囲気を高めている。

 

161f
バックステップはディスクブレーキ対応。造形美にもこだわった逸品だ。

 

161g
ワンオフリアフェンダーに異形テールランプを装着。リアビューにも抜かりなし!

 

161h
スイングアームは純正ながら、ブラックチェーンやゴールドのスプロケット、さらにリムやホイールなど、見るべきポイントは数多い。

 

161x
161y
161z

Custom Spec
エキゾーストパイプ:AAA USフルパワー チタンEXパイプ/キャブレター:FCR/ヘッドライト:ワンオフ/ハンドルバー:antlion アジャスタブルクイックバー(セパハン)/ハンドルポスト:antlion B,Nクランプ/トップブリッジ:antlion φ43 205mm ワイドタイプ/ミラー:antlion 試作ビレットミラー(耐久テスト中)/スピードメーター:モトガジェット motoscope classic/Fブレーキキャリパー:brembo キャスト40mmピッチ ブラック BIGロゴ/Fディスクローター:brembo T-Drive/Fブレーキホース:アルキャンハンズ/Fマスターシリンダー:brembo RCSφ16/Rブレーキ:brembo φ32/antlionブレーキホースフィッチング/シート:MotoStyRoオーダーシート/ステップ:antlion バックステップ リアディスク/フューエルタンク:純正/フロントフェンダー:ワンオフ/リアフェンダー:ワンオフ/フロントカウルワンオフ/サイドカバー:ワンオフ/ビレットクランクケースカバー・スケルトン/フロントフォーク:FZR400R/三つ又:antlion φ43 205mm ワイドモデル/リアサスペンション: ホワイトパワー/スイングアーム: 純正/Fホイール:EXCEL(リム幅:MT2.5/径:17inch)/Rホイール:EXCEL(リム幅:MT3.5/径:17inch)/Fタイヤ:ブリジストン BATTLAX BT090(サイズ120)/Rタイヤ:ブリジストン BATTLAX BT090(サイズ150)/エンジンチューニング:モトドッグ ……etc.

 
Shop SR Times
 

関連記事