ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年11月08日

Motorcycle’s BARN/1998 SR400/No.009【再掲載】


009
取材協力:モーターサイクルズ・バーン

 

シンプルな車体でエンジンの存在感を強調

いまさら言うまでもなく、SRの魅力として挙げられるもののひとつに「エンジンの存在感」がある。空冷OHC単気筒エンジンはまさにSRのアイデンティティーと言うべきものであり、SRカスタムにおいてエンジンを強調することは定石である。そして、チョッパースタイルこそはそんなSRの魅力を引き出すのに最も適したカスタムスタイルのひとつなのである。

モーターサイクルズ・バーンが製作したのは、98年式SR400をベースにシンプルなシルエットと外装を与えたチョッパー。フレームは純正をベースにしながらも、シートレールを加工。フロントフォークを7cmダウンさせ、リアにもショートサスペンションを装着。これにより、純正シルエットとまったく異なるチョッパースタイルを作り出している。他にもフューエルタンクやシート、さらに前後ホイールまで、ほぼ全てのパーツが換装されているのだが、シンプルなパーツをチョイスしているため、そのまとまりは秀逸のひとこと。純正よりもシンプルでコンパクトなルックスに仕上げられているのだ。

こうして作り出されたこのチョッパーは、まさにエンジンの存在感を最大限強調。コンパクトながらも強いインパクトを放つ1台となっている。

009a
フロントフォークは7cmローダウン。
モーターロック製フォークカバーでオールド感を醸し出している。

 

009b
小振りなピーナッツタンクは同店のワンオフ。
ピンストライプは大分県在住のアーティスト”Kuggy”氏によるものだ。

 

009c
オリジナルダンディバーはSRチョッパーに最適な逸品。
また、ラメグリップの艶かしさがマシンの雰囲気によく馴染んでいる。

 

009d
シートはイージーライダース製ソロシート。
その下にあるのは、ワンオフで作られたアルミ電装ボックスだ。

 

009e
オリジナルアップステップは、チョッパーに最適なライディングポジションを与えてくれる。
現在は残念ながら廃盤とのこと。

 

009f
エキゾーストパイプはステンレス製のワンオフ。
サイレンサーはモーターガレージ・グッズ製ショートターンアウトを装着する。

 

009g
リアホイールは16インチ。ホイールカバーは同店による参考アイテム。
ダブルリボンタイヤと合わせ、オールド感溢れるリア回りである。

 

009x

 

009y

 

Custom Spec
ハンドルバー:オリジナルダンディバー 12,600円/ステップ:オリジナルアップステップ(廃盤)/フューエルタンク:ワンオフピーナッツ/電装ボックス:ワンオフアルミ/エキゾーストパイプ:ワンオフステンレス/キャブレター:ケイヒン製CR/テールランプ:モーターガレージグッズ製STOPテール/ヘッドライト:モーターガレージグッズ製ビンテージライト/リアフェンダー:アルミリブフェンダー/シートレール加工/デコンプレバー:モーターロック製ロックデコンプ etc.

 


関連記事