ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年03月05日

Custom SR PLAY BACK!!/No.101~105


 

トラッカーやカフェレーサーなど
2015年3月頃に紹介したSRが登場!

 過去当サイトで紹介したSRを一気に見ることができる「カスタムプレイバック」。カフェレーサーやトラッカーなどあらゆるジャンルが5台登場しています。気になるマシンがあれば、是非「本編を読む」をクリックをしてみてくださいね!/浜瀬

 
スポンサードリンク
001kiji-a_dellsara001kiji-b_hiroshima001kiji-c_baulcara001kiji-d_cascada
 
101
Greentea/2010 SR400/No.101
 F.Iモデルでもチューニングやカスタムは十分に楽しめると証明してくれている一台。フューエルタンクやシート、そしてサイドカバーなどは純正ながら、なんとこのマシンの排気量は510cc。500純正クランクにワイセコ製φ88mmピストン、シリンダーはコーティングスリーブしている。
本編を読む

 
102
TIN MACHINE motorcycle/1994 SR400/No.102
 生粋のカフェレーサー乗りの、ティンマシン代表・高橋さんが製作したSR400。美しいフォルムは、決してパーツチョイスによるものだけではない。定番のパーツでもそのマウントの仕方や位置など、ひとつひとつに気を配られているのだ。
本編を読む

 
103
Bike Garage THRUXTON/YAMAHA SR400/No.103
 スラクストンの反骨精神、遊び心が十二分に発揮されたマシン。あくまでもこのマシンは公道を走るパフォーマンスカスタム! そんなビルダーの意思をひしひしと感じるセットアップとなっている。
本編を読む

 
104
REYNAL/1994 SR400/No.104
 60〜70年代のアメリカンレースシーンを日本のストリートに落とし込んだ独自のスタイリングに定評のあるレイナル。今回手がけたSR400も、シンプルな70年代アメリカンレーサーを再現している。
本編を読む

 
105
鉄馬輪業/YAMAHA SR400/No.105
 SRチョッパーが持つさまざまな利点や特徴を高い次元でミックスさせた一台。シートレールをドロップダウンし、小振りなフューエルタンクはオールドハーレーやトライアンフを思わせる二分割式、ソロシートにショートリアフェンダーがマシンに軽快なイメージを与えている。
本編を読む

 
Shop SR Times
 

関連記事