ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年01月23日

singlebigk/1978 SR500 “最初期78ワインディングモデル”/No.153


153
取材協力:シングルビックケイ
写真:井上 演

 

最初期SRの風合いを大切に
各部を強化したデモマシン

 前回紹介した初期型SR400に続き、今回紹介するのは初期型SR500をベースにした1台。しかも1978年前期製造という、まさに初期中の初期というレアモデルだ。

 カスタムのコンセプトは、「78年式の初期スタイルを崩さずに仕上げる」ということ。外装はオリジナルペイントを活かし、それでいてエンジンなどの内部はすべてメンテナンス済み。結果、ノンレスト車両のような見た目となっている。これだけのコダワリがあれば、“フルオリジナル”とすることもできただろうが、よりSRらしさを引き出すためのカスタムが施されている点にも注目。オリジナルパーツはブラックにこだわり、オイルカバーやジェネレーターカバーはフィン付きブラックに換装。マシンの質感を高めている。
 また、このマシンはそのペットネームからも分かるとおり、ワインディングでの走りを重視しており、足周りを強化。フロントダブルディスク化やオーリンズ製スプリングを投入したフロントフォーク、アイコン製リアサスペンションなどを装備している。

 貴重なモデルだからこそ、「いつでも快適に走れるように維持したい」……そんなオーナーのSRに対する愛が溢れる1台である。

 
スポンサードリンク

 

153a
オリジナル削り出しマスターシリンダーカバーを装着。
ハンドル周りに華を添える。

 
153b
フロントブレーキはダブルディスク化。
純正を流用することで、当時のイメージを継承している。

 

153c
エンジン各部に装着したフィン付きカバーは同店オリジナル。
エンジンの表情をガラリと変える。

 

153d
オリジナルジェネレーターカバーはブラックのフィン付き。
SRの旧車感を高めるディテールだ。

 

153e
クラッチカバーやオイルカバーも交換。
純正イメージを保ちつつ、カスタムが進められている。

 

153f
カムチェーンカバーは真鍮製。もちろん同社オリジナルだ!

 

153g
初期型ステッカーのリプロダクションも同社オリジナル。
こういうパーツがあるのは、うれしい限り!

 

153x
153y
Custom Spec
エキゾーストパイプ:singlebigk(ステンレス)フルパワー/サイレンサー:singlebigk(ステンレス)フルパワー/キャブレター:1979年式SR500用 ベンチュリー加工/singlebigkチューニングキットでセッティング/ETC(内蔵型)/singlebigk削り出しデコンプレバー/Fブレーキキャリパー:YAMAHA純正流用/Fディスクローター:YAMAHA純正流用/Fブレーキホース:YAMAHA純正流用/Fマスターシリンダー:YAMAHA純正流用 singlebigk削り出しマスターシリンダーカバー/singlebigkハブダンパー封入式Oリング/Fダブルディスク仕様/フューエルタンク:純正オリジナル塗装/フロントフェンダー:19インチ/リアフェンダー:輸出用フェンダーラップ/サイドカバー:singlebigkステッカー(初期型グラデーション)/フロントフォーク:オーリンズスプリング オイルチューニング/リアサスペンション:IKON/スイングアーム:/Fホイール:TAKASAGO Hリム(リム幅:1.85/径:18inch)/Rホイール:TAKASAGO Hリム(リム幅:2.15/径:18inch)/Fタイヤ:ピレリ スポーツデーモン(サイズ:100/90-18)Rタイヤ:ピレリ スポーツデーモン(サイズ:130/70-18)/Fスプロケット17/ピストン:輸出用/重クランク リビルト/エンジンカバー(クラッチカバー:テフロン塗装)/真鍮カムチェーンカバー/オイルフィルターカバー/ジェネレーターカバー/スプロケットカバー/タペットカバー/各種エンジンガスケットO/Hキット/最初期フレーム(補強付)/singlebigk削り出しオイルキャップ/エンジン内部のガスケットはsinglebigkオリジナルパーツ ……etc.

 
スポンサードリンク
広告募集ページへ
 

関連記事