ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2016年01月06日

バイク工房 Greentea/1993 SR400 “ゆうじ号”/No.150


150
取材協力:バイク工房 グリーンティー

 

ブラック外装とシルバーフレームの
コントラストが新鮮!

 純正ルックながらも、しっかりと走りの性能を高め、違和感のないスポーティースタイルが高い支持を集めるグリーンティー。今回紹介する1台もまた、SRらしさを存分に活かしたマシンである。

 まず注目したいのが、外装のほとんどがブラックアウトされているという点。フューエルタンクやサイドカバーはもちろん、フロントフォークにヘッドライトケース、ハンドルバーにミラーなど、あらゆる箇所に「黒」を採用。マシンに強烈なインパクトを与えているのだ。しかし、それでいてフレームにはシルバーを採用している点にも注目。これは純正ではなく、ブラックフレームをあえてシルバーとすることで、外装とのコントラストを演出しているのだ。
 また、フューエルタンクをよく見ると、ブラックの純正ラインとYAMAHAの文字が浮かび上がる。じつはベースカラーブラックではなく、カワサキ500SSに採用されていた純正ガンメタとのこと。こだわりの強いディテールだ。
 もちろん、このマシンの見どころはルックスだけではない。
 前後ホイールはワイズギア製キャストに換装し、フロントブレーキはキャリパー・ローターともにブレンボをチョイス。フロントフォークは同店のカスタムではお馴染みのグリーンティーxオーリンズ。リアサスペンションもオーリンズなどなど……SRのシルエットを崩すことなく、しっかりとパフォーマンスアップが図られているのだ。
 排気量も522ccにアップし、吸気はTMRで排気はオリジナルアルティメイト手曲げチタン。まさに万全のセットアップといえるだろう。

 ブラックをまとい、一見地味に思えるマシン。しかしその漆黒の闇の向こうには、とてつもない深みが、確かに存在している……。

 
スポンサードリンク

 

150a
スポーティーなハンドルバーはコワース。
メーターはサムソンブルーで、高級感を醸し出す。

 

150b
オーリンズ製フロントフォークもブラックアウト。
ブレーキ周りも、静かに存在感をアピールする。

 

150c
深みのあるペイントには純正ラインが浮かび上がる。

 

150d
ケースにはリンクル塗装が施され、独特の表情を浮かべる。
排気量は522ccにアップ、キャブレターはTMRを選択。

 

150e
シートはオリジナル70sシート。旧車然としたスタイリングを演出する。

 

150f
美しい焼け色を見せるエキゾーストは同店オリジナル・アルティメイト手曲げチタン

 

150g
シルバーのパウダーコーティングはスイングアームにまで及ぶ。
まさしく、純正のような仕上がりである。

 

150x
150y

Custom Spec
エキゾーストパイプ:Greeenteaアルティメイト手曲げチタン/サイレンサー:チタントラップ改/キャブレター:TMR/エアクリーナ ー:K&N/マニホールド:ボアエース/テールランプ:ワイズギア テールランプ/ハンドルバー:コワースハンドル/ハンドルポスト:ボアエース/トップブリッジ:ボアエース x Greenteaφ43ステム/ミラー:アントライオン/スピードメーター:サムソンブルー/タコメーター:サムソンブルー/Fブレーキキャリパー:ブレンボ4POTキャスティング/Fディスクローター:ブレンボ グローブDISK/Fブレーキホース:フレントゥーボ/Fマスターシリンダー:ブレンボRCS/シート:GREENTEA70’sシート/ステップ:クラフトマン/フューエルタンク:純正 カスタムペイント/サイドカバー:純正 カスタムペイント/フロントフォーク:Greentea x オーリンズ43mm/三つ又:ボアエースxGreenteaφ43ステム/リアサスペンション:オーリンズレジェンドツイン//Fホイール:ワイズギア/Rホイール:ワイズギア/Fタイヤ:BT45(サイズ100/90-18)/Rタイヤ:BT45(サイズ4.00-18)/カムシャフト:ヨシムラST-1/ピストン:ワイセコφ89mm 9:1/クランク:500クランク ……etc.

 
Shop SR Times
 

関連記事