ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2015年08月13日

2%ER/YAMAHA SR400/No.120


120
取材協力:ツーパーセンター
写真:小川伸晃
 

本場のオールドスクールチョッパーに
2%erのセンスを流し込む

 この春、カリフォルニアへ視察旅行へ行ったという2%erの山口さん。現地のカスタムショップが作り上げる秀逸なオールドスクールチョッパーに刺激を受けて作り上げたというのが、ここに紹介する1台だ。

 ベースとなったのは、当然ながら同店が最も得意とするSR。本場のオールドスクールチョッパーをイメージしつつも、すでにベース選びから2%erの独自性が発揮されているといえるだろう。さらに詳細を見ていっても、山口さんがただアメリカのチョッパーを模倣したのではないことは明らか。パーツチョイスの妙はもちろんのこと、スイングアームを延長することで広い座面を確保し、スプリング付シートと相まって、リジッド仕様ながらも長距離をラクに走れるようしている点や、オリジナルミッドハイステップに加えてジョッキーシフトを新開発。新たなパーツラインナップにも期待が持てる。

 カリフォルニアの空気を纏いながらも、2%erらしさをしっかりと注入する。これぞカスタムビルド! プロビルダーの仕事といえよう。

 
スポンサードリンク

 

120a
ビンテージドッグボーンライザーにステンレス製手曲げドラッグバーを装着。
無骨な雰囲気を演出している。

 

120b
ワンオフフューエルタンクは撮影時は未塗装。
先日開催されたニューオーダーチョッパーショーで、完成形がお披露目されたとのこと。

 

120c
シートはスプリングを装備しており、リジッド仕様ながらも快適。
座面も広く取っており、長距離もラクにこなすという。

 

120d
ジョッキーシフトは試作品。今後市販化が期待される!

 

120e
ミッドハイステップはスーサイドクラッチ仕様となっている。
「A」だけを残したクラッチカバーも注目したいポイントだ。

 

120f
リジッドバーにはジョッキーシフトと同じくツイスト加工が施される。

 

120g
2本出しエキゾーストパイプはワンオフで製作。
マシンの見どころのひとつだ。

 

120h
高くそびえるシッシーバー!
このマシンがチョッパーであることを、強烈にアピールする。

 

120x
120y
120z

Custom Spec
エキゾーストパイプ:ワンオフキャブレター:FCRφ39/ヘッドライト:オールドベーツタイプ サイドマウントライトキット 13,335円/テールランプ:DUOテール/ウインカー:ダイヤモンドウインカー/電装ボックス:ワンオフ/ハンドルバー:手曲げステンレスドラッグバー/ハンドルポスト:ビンテージドッグボーンライザー/トップブリッジ:XS650/シート:ビンテージ/ステップ:ミッドハイステップ&ジョッキーシフトキット試作品/フューエルタンク:ワンオフピーナッツ/リアフェンダー:フラットフェンダー/フロントフォーク:15cmフォークジョイント 16,800円/リアサスペンション:ワンオフリジットサス/スイングアーム:6cm延長加工/Fホイール:アルミハブキャップ 9,500円/Rホイール:XS250加工流用/Fタイヤ:SHINKO 3.00-18/Rタイヤ:GOODYEARレプリカ ……etc.

 
スポンサードリンク
広告募集ページへ
 

関連記事