ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2015年04月11日

2%er/2003 SR400/No.106


106
取材協力:ツーパーセンター

 

バイクはライダーが乗ってこそ!! それを具現化したベストバランス・チョッパー

 隆盛を極めるSRチョッパー。その主流はH-Dチョッパーとは異なり、コンパクトに仕上げること。シンプルなフレームと空冷単気筒エンジンを活かせば、そうなることは至極当然のことなのだが、ちょっとでも大柄なライダーが跨がった場合、車体が小さく見える過ぎるという問題もある。

 これまで数々のSRチョッパーを製作してきた2%erによって、そんな問題を解消したのがコチラの1台である。車両単体で見れば、シンプルかつ王道的なスタイリングを持つチョッパーだが、フロントフォークを延長するだけでなく、じつはスイングアームも延長。フロントホイールはチョッパー定番かつ大柄な21インチで、リアもあえて18インチとしている。これにより、このマシンはオーナーが跨がっても決して小さすぎることはない。むしろベストバランスとなっているのだ。
 スポーツスタータイプのフューエルタンクやソロシートなど、外装は定番フォルムのものを車体バランスを見ながら製作している点にも注目。これにより、車体はやや大柄になっているにも関わらず、違和感が全く感じられない。

 SRをチョッパーを知るが故のビルダーの選択。「人馬一体」とはこのことである。

 
スポンサードリンク

 

106a
10cmステンレスフォークジョイントでロングフォーク化。
フロントホイールは21インチに変更している。

 

106b
スポースタータイプのフューエルタンクは同店によるワンオフ。
ペイントはKAMIKAZE PINSTRIPEが担当する。

 

106c
シートはシンプルなソロタイプで、リアフェンダーはクラシカルなリブタイプをチョイス。

 

106d
フットクラッチとジョッキーシフトの組み合わせはチョッパーならでは!
通常のバイク操作とは全く異なる操作フィールにファンも多い。

 

106e
ハンドルポストは純正をベースにスムージング加工を施したもの。
ワンオフZバーはイレギュラーなマウント方法ながらも、違和感は全くない。

 

106f
エキゾーストマフラーはワンオフでエキパイにリップル加工を施したもの。
本来はシンプルなドラッグパイプが、意匠性に富んだ逸品となっている。

 

106g
エンジンはストックながら、キャブレターはFCRφ39を装着。
走る楽しみも与えられているのだ。

 

106h
ヘッドライトはオリジナル・ユニティータイプ。ビンテージカスタムにピッタリだ!

 

106x
106y

Custom Spec
エキゾーストパイプ:ワンオフリップルドラッグパイプ/キャブレター:FCR39/エアクリーナー:アルミファンネル/ヘッドライト:ユニティータイプ 8,640円/テールランプ:ルーカス丸型/ウインカー:ダイヤモンドウインカー 6,090円、フロントダイヤモンドウインカーステー 3,990円/ハンドルバー:ワンオフステンレスZバー/ハンドルポスト:スムージング加工&バフ仕上げ/トップブリッジ:スムージング加工&バフ仕上げ/スピードメーター:ミニミニメーター 6,195円/Fマスターシリンダー:ミニブレーキマスター10,500円/シート:ワンオフ/ステップ:ミッドハイステップキット クローム 73,500円(シフト側は ワンオフフットクラッチ&ジョッキーシフト)/フューエルタンク:ワンオフスポーツスタータイプ/リアフェンダー:ワンオフリブフェンダー/フロントフォーク:10cmステンレスフォークジョイント 16,800円/リアサスペンション:280mmG-サスペンション 26,250円/スイングアーム:5cm延長加工/Fホイール21inch/Rホイール:ドロップセンターデザインのワンサイズ幅広メッキリムに交換(径:18inch)/Fタイヤ:AVON(サイズ 3.00-21 )/Rタイヤ:アコレード(サイズ 3.50-18)/ペインター:KAMIKAZE PINSTRIPE ……etc.

 
スポンサードリンク
広告募集ページへ
 

関連記事