ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2014年07月15日

Eccentric Motorcycle/YAMAHA SR400/No.068


068
取材協力:エキセントリックモーターサイクル

 

独自性を強める
エキセントリックMCの、もうひとつのカタチ

 SRをはじめとしたストリートモデルをソフテイル化するという、独自のハイクオリティなチョッパーを作るエキセントリックモーターサイクル。しかし同店ではそれだけでなく、新たな提案としてここにある1台を作り上げた。
 そのテーマは「ツインサスでクールなチョッパーを作る」というもの。

 コンセプトになったのは“60年代カスタム”で、チョッパーの黎明期に英車などをベースに作られたスタイル。フロントフォークは必要以上に長くせず、オリジナルガーターフォークを装着。意匠性に富んだシッシーバーやエキゾースト、下品と上品さの隙間を突く絶妙なシートなど、見どころは非常に多い。しかし、このマシンで注目したいのはシートレールとリアサスペンションだ。シートレールは加工されているのだが、SRチョッパーの定石とは一線を画し、ドロップするのではなく、水平シルエットを強調するようにフォルムを整え、それに合わせてリアサスペンションは直立するようにセットされている。
 そう、このギミックによってSRがより古めかしいスタイルへと昇華しているのだ。こうして完成した車体は、ナローフォルムと相まって、まさしく60年代チョッパー!

 オールドスクールな雰囲気を漂わせながらも、定番のSRチョッパーとはひと味もふた味も違う、エキセントリックならではの1台である。

 

 

068a
ガーターフォークは同店オリジナル。絶妙な長さと角度でセットされる。ヘッドライトはクルマ用を流用している。

 

068b
ラズルダズル別注のシートが、マシンのなかでも個性を光らせる。

 

068c
エキパイはシンプルすぎる取り回しが逆に新鮮! サイレンサーは3本出しで、リアビューを飾る。

 

068d
エンジン内部は純正ながら、ペイントなどでルックスを変更。印象を大きく変えている。

 

068e
電装ボックスも意匠性に富んでいる。車体のすべてが見どころだ!

 

068f
シッシーバーは当然ながらワンオフ。シートとの組み合わせも絶妙だ。

 

068g
ナローなフロントフォークに合わせて、ハンドルもナローなものをワンオフで製作。

 

068h
リムやドラムブレーキにもフレーク塗装が施されている。

 

068x
068y

Custom Spec
フューエルタンク:H-D FXEタンク加工/シート:ラズルダズル特注/Rフェンダー:ガッツクローム FX/XLタイプフェンダー加工/テールランプ:クルマ用バックランプ/ハンドルバー:ワンオフ/スイッチ:フレーム移設/Fフォーク:オリジナルガーターフォーク/Fフォーク:MGグッズ製19インチスチールリム/Rホイール:ヤマハTX750流用/ステップ:ワンオフ/エキゾーストシステム:ワンオフ/電装ボックス:ワンオフ/サスマウント:ナロー加工/ワンオフハブキャップ/ロングスイングアーム加工/シートレールナロー加工/ペインター:Stupid Crown etc.

 

関連記事