ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2013年01月19日

Eccentric Motorcycle/1994 SR400/No.041


041
取材協力:エキセントリックモーターサイクル

 

エキセントリックMCの真骨頂
それがソフテイルSR!

昨年9月にオープンしたばかりの期待のニューショップ「エキセントリックモーターサイクル」。同店を代表するマシンとして作られたのがここに紹介する1台で、昨年末開催された横浜ホットロッドカスタムショーでも高い注目を集めたチョッパーである。
XL230K純正に4インチのジョイントを装着したフロント回りや美しいペイントなど、注目すべきポイントは数多くあるのだが、やはりまず見るべきはリア回り。一見ハードテイルに見えるのだが、じつはこれはバルカン純正スイングアームを加工したもの。そう、シート下にはリアサスペンションがきちんと装備されたソフテイル仕様のSRなのである。
これによってこのマシンはビンテージ感あふれるシルエットを獲得しながらも、その乗り心地は純正同様、最上のものとなっているのだ。
そしてこのマシンの見どころは当然リア回りだけでない。冒頭に書いたとおり、フロントフォークはXL230を流用し、SRよりもさらにビンテージ感を高めることに成功。また、STUPID CROWNによるペイントはオールド・ティファニーのステンドグラスをイメージしたとのことで、ショーモデルらしい華やかに満ちている。他にもワンオフシッシーバーやラズルダズルによるシートなど、じつに贅沢な仕上がりとなっているのだ。

新進気鋭のカスタムショップ・エキセントリックモーターサイクルからは、今後も目が離せない!

041a
クルマ用フォグランプを流用。フロントフォークには4インチのジョイントが追加されている。

 

041b
ライザーバーとトップブリッジは同店によるワンオフ。ハンドルは大きく手前にベントしているため、ライディングポジションは良好。

 

041c
フューエルタンクはスティード純正を加工したもの。ペイントはオールド・ティファニーのステンドグラスをイメージして、STUPID CROWNが担当。

 

041d
シートはラズルダズルによるワンオフ。その下にリアサスペンションが格納される。

 

041e
エキゾーストは当然ワンオフで製作されたもの。マフラーエンドの意匠にデザインのコダワリが感じられる。

 

041f
ソフテイル化されたフレームにロングフォークスタイルが自然とハマる。華やかなチョッパー全盛期を思わせるフレームの鮮やかなカラーリングにも注目だ。

 

041g
このマシン最大の注目ポイントがリア回りで、バルカン純正を流用したソフテイル加工が施されている。その自然な仕上がりに脱帽!

 

041h
シッシーバーの高い意匠性も、このマシンの完成度を高めている大きな要因。テールランプもクルマ用を流用している。

 

041x
041y

Custom Spec
エキゾーストシステム:ワンオフ/キャブレター:MGグッズ製ビッグキャブ/ヘッドライト:クルマ用フォグ/テールランプ:クルマ用マーカー?/ハンドルバー:ワンオフ/グリップ:神戸グリップ/Fブレーキ一式:ホンダXL230流用/シート:ラズルダズル/リアフェンダー:ワンオフ/フューエルタンク:スティード純正加工/サイドカバー:ワンオフ/電装ボックス:ワンオフ/フロントフォーク:XL230純正+4インチジョイント/スイングアーム:バルカン純正加工/Fホイール:XL230純正/Rホイール:250TR純正/シッシーバー:ワンオフ/ペインター:STUPID CROWN etc.
For Sale:¥890,000(乗り出し)

 

関連記事