ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2013年01月07日

TIN MACHINE motorcycle/1994 SR400/No.038


038
取材協力:ティンマシンモーターサイクル

 

常に進化を続ける
ティンマシンのフラッグシップモデル

 和歌山に拠点を置くティンマシン。その代表を務める高橋氏の愛車がここに紹介するSR400である。
 ロケットカウルにアルミロングタンク、そしてワンオフのシングルシートなど、一見しただけで英国風のトラディショナルなカフェレーサーだと分かるこの1台ではあるが、じつはこのマシンは高橋氏が約20年前に新車で購入して以来つねにカスタムを重ねてきたものであり、細かな点までこだわって作り込まれているのである。
 それが端的に分かるのがアルミ削り出しで作られたエンジンハンガーやフローティングマウントを採用したメーター周り、純正ながらアウターに削り加工を施すことでレーシーなイメージを高めたフロントフォークなどであり、その枚挙にいとまがない。
 また、エンジンも546ccにまでスープアップされており、パフォーマンスも最良! もちろん足周りなどの強化も図られているのだが、ブレーキはあえてAPレーシングで、スイングアームはオーバーレーシング製アルミ、ホイールは前後ともスポークで、リアサスペンションはクアンタム製ネオクラシックと、どれもが性能とルックスの両立を図るための絶妙なチョイスとなっている。

 性能とスタイル……SRカスタムにおいて最も重要なこの2つのバランスを追求しきったティンマシンの1台は、車体のすべてに手が入っているにも関わらず、ゴテゴテ感を一切感じさせない。そのスマートなスタイリングは、高橋氏の高いセンスを証明しているといえるだろう。

 

 

038a
ステアリングダンパーやメーターマウント、そしてわざわざ削り出したというフロントフォークのキャップボルトなど、ハンドル周りの見どころはじつに多い。

 

038b
フロントフォークはじつは純正。スタビライザーを兼ねたフロントフェンダーはワンオフで、この絶妙なスタイリングが◎!

 

038c
排気量は546ccで、シリンダーはデイトナ製を採用。乗り味だけでなく、そのルックスも大きく変えている。

 

038d
エンジン後方を支えるエンジンハンガーはアルミ削り出しのワンオフ。細かい箇所までキッチリ手が入った、まさにコダワリのディテールだといえよう。

 

038e
シートレールにはループ加工が施され、シートカウルはそれに沿ってワンオフ。ロングタンクとのバランスがじつに良い。

 

038f
エキパイ、サイレンサーともにステンレス製のワンオフ。サイレンサーはゴールドスター風のフォルムとなっている。

 

038g
強固な足周りながらもゴテゴテ感は一切なく、じつにスマートなリア周り。パフォーマンスとルックスがみごとに両立されている。

 

038h
ブレーキは前後ともにAPレーシングを採用。リアはTDR250のハブを流用することでディスクブレーキ化を果たしている。

 

038x

038y

Custom Spec
エキゾーストシステム:ワンオフ/キャブレター:FCRφ41/ウインカー:DRC製LEDウインカー/ハンドルバー:マグラ製アルミセパレート/スピードメーター:モトガジェット製クロノマルチメーター/Fブレーキキャリパー:APレーシング対向4ポット/Fマスターシリンダー:ベルリンガー製ラジアル/ステップ:ベルトラン製バックステップ/フューエルタンク:ブルックランズ製アルミロング:フロントカウル:ペイトンプレイス加工/ステンレス製オリジナルオイルキャッチタンク etc.

関連記事