ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2012年12月03日

Motorcycle’s BARN/1998 SR400/No.025


025
取材協力:モーターサイクルズ・バーン

21&16インチホイールから
生まれたコンパクトチョッパー!

 すっかりお馴染みとなったモーターサイクルズ・バーンによるSRチョッパー。今回紹介するのは、オレンジとブラックのコントラストが美しい1台だ。

 オーナーはまず「フロント21インチ、リア16インチのチョッパーを作りたい」ということからカスタム製作がスタート。前後ホイールに合わせて、シートレール加工や各部外装パーツを煮詰めていったとのこと。
 また、外装のキャンディオレンジを映えさせるために、できる箇所はなるべくブラックアウトしている点にも注目。シンプルながらも、メリハリの利いたカラーリングがマシンの印象を強くしている。
 カスタムのキッカケは人それぞれ。ホイールのチョイスからはじまったとしても、そこからオンリーワンのオリジナリティを与えるのもまた、ビルダーのセンスによるものである。そしてこの1台は、みごとにオリジナリティを体現しているのである。

025a
エキパイはノーマルを使用し、サイレンサーはモーターサイクルグッズ製リバースコーンショーティを装着。エキパイとともにブラックアウトしている。

025b
スポーツスタータンクは同店によるワンオフ。カラーリングも同店オリジナルで、キャンディオレンジがブラックの車体に映える!

025c
イージーライダース製ソロシートにワンオフ電装ボックスは同店のチョッパーではすっかりお馴染み。シンプルながらも高い完成度を誇るディテールだ。

025d
フロントフォークを3cmダウンさせ、フロントホイールの存在感を強調。またアウターチューブやハブをブラックアウトし、精悍なイメージを高めている。

025e
ハンドルは同店オリジナルのダンディバー。ミニスイッチやチョッパーグリップでシンプルなハンドル回りとしている。

025f
エンジンは純正ながら、ブラックアウトすることでイメージを一新している。

025g
リアホイールは16インチでチョッパーらしさをアピール。サイドナンバーやファイアストーンタイヤにも注目だ。

025x
025y

Custom Spec
サイレンサー:グッズ製リバースコーンショーティ/エアクリーナー:K&N製パワーフィルター/ヘッドライト:4.5インチベーツタイプ/テールランプ:サイドマウントミニキャッツアイ/ハンドルバー:ダンディバー/グリップ:チョッパーグリップ/シート:イージーライダース製ソロシート/リアサスペンション:グッズ製ショートサス/各部ブラックペイント/ペインター:モーターサイクルズ・バーン etc.

関連記事