ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2012年11月30日

SKULL MOTORCYCLE/YAMAHA SR400/No.019


019
取材協力:スカルモーターサイクル

ハブステアを採用した
近未来カフェレーサー

 SRはもちろんのこと、これまで国産アメリカンやハーレーなど車種を問わず、数々のカスタムショーで独創的なカスタムマシンを発表してきたスカルモーターサイクル。その高いオリジナリティと技術力によるマシンは、常に話題を振りまいてきた。
 そんな同店の初期作品のなかでも、特に大きな話題となったのがここに紹介する1台だ。

 一見して、その異様ともいえるシルエットに驚く読者も多いだろう。そう、このマシンのフロントには、ビモータなどに採用されたセンターハブステアリングが採用されているのだ。
 トラディショナルなスタイリングを持つSRの車体に、近未来的なシルエットのセンターハブステアリングの組み合わせは、言葉だけを聞けばミスマッチに感じるが、実際スカルモーターサイクルが製作したこのマシンを見れば一目瞭然、非常に高いレベルでまとめられているのである。
 それはドリーム50用を加工流用したフューエルタンクやメガホンタイプのシンプルなエキゾースト、さらに前後ホイールに細めのものを採用するなど、前後足回りこそインパクトあるものなのだが、それ以外の箇所はシンプルなカフェレーサーとして作られているからにほかならない。
 独創性のある仕様だからこそ、外装やシルエットはSRらしく……そうすることで、足回りはよりインパクトのあるものとなり、全体としてはSRらしいまとまりも失わってはいない。

 強いインパクトをSRのコンパクトな車体に見事落とし込み、クールなマシンとして仕上げる。オリジナリティの高さに注目がいきがちではあるが、実はそのセンスにこそ、スカルモーターサイクルの真骨頂が存在するのだ。

019a
ヘッドライトやハンドル、メーターなどはスタンダードなカフェーレーサー。ネック下に何もないというのが斬新かつ新鮮!!

019b
019c
フロント回りはこのマシン最大の見どころ。スポークホイールを履くことで、見事にSRの車体に馴染んでいる。当然、すべてがワンオフで、複雑なリンク機構に注目したい。

019d
シートカウルはワンオフで製作。往年のロードレーサーを思わせるノスタルジックなシルエットが、足回りとの対比を生み出す。

019e
シリンダー横をまっすぐに伸びるエキゾーストパイプはワンオフ。サイレンサーはXS650純正を加工して装着している。

019f
フロントにばかり目がいきがちだが、実はリア回りも大幅に加工が施されている。シート下にサスを2本集約し、さらにリンク式としている。

019x
019y

Custom Spec
Fフォーク:ワンオフフロントセンターハブステアリング機構/フレーム:ワンオフ/シート:ワンオフ/ハンドル:ワンオフセパレート/エキパイ:ワンオフ/Fフェンダー:ワンオフ/リアサスペンション:リンク式、受け位置加工等/フューエルタンク:ドリーム50用純正加工/サイレンサー:XS650純正加工/ステップ:ワンオフバックステップ etc.

関連記事