ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2012年11月13日

SKULL Motorcycle/YAMAHA SR400/No.017


017
取材協力:スカルモーターサイクル

技術の粋を集めた
コンパクトSRチョッパー!!

 独創的なアイデアや技術によって、これまでベースを問わずに数々のカスタムもマシンを発表してきたのが、広島県に居を構えるスカルモーターサイクル。SRの面影を留めないほどにカスタムされたこの1台もまた、同店を代表するマシンである。

 SRカスタムにおいて一大ムーブメントを築いたチョッパーだが、スカルモーターサイクルが製作するのであれば、やはり定番のスタイルに落ち着くはずがない! この1台はフレームを大胆にモディファイし、リア回りはほぼその原型を留めていない。そして、注目したいのがリアサスペンションで、リンクを介し、シート下にマウント。1本化とすることで、スッキリしたルックスに加えて非常にコンパクトに仕上げることに成功している。
 他にもフューエルタンクはまずフレームに土台となるカバーを製作し、その上にマウント。さらに意匠に凝ったヘッドライト回りなど、オールドスクールなシルエットながらも、その詳細を見るとスカルらしさにあふれたモディファイがそこかしこに加えられている。

 技術と独創をなによりも大切にする同店の結晶が、ここにはある。

017a
ツイスト加工が施されたステーにヘッドライトとカウルを装着。他にはない顔つきが与えられている。

017b
メインフレーム上にます土台を製作。その上にフューエルタンクを搭載することで、より意匠性に凝ったスタイルを作り出している。

017c
リアサスペンションは車体右側に1本化。リンクを介することで、走行性能はもちろんのこと、シルエットのアクセントにもなっている。

017d
エキゾーストはもちろんワンオフ。左出しアップとすることで、リアサスペンションがある車体右側と対照的な印象を演出する。

017x

Custom Spec
フューエルタンク:ワンオフ/シートカウル:ワンオフ/ハンドルバー:ワンオフ/リアサスペンション:1本化/エキゾーストシステム:ワンオフ/ヘッドライトカウル::ワンオフ/前後ホイール:キャスト/シートレール加工 etc.

関連記事