ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2012年10月03日

Bike Garage THRUXTON/2007 SR400 “Estoy Contento”/No.016


016
取材協力:バイクガレーヂ スラクストン

SRの楽しさを追求したら
トラッカースタイルに行き着いた…

 TWブームをはじめモタードなどのオフロードカスタムなど、ストリートカスタムを常に牽引してきたモトショップ五郎と、SRカスタムのスペシャルショップ・スラクストンのWネームで製作されたのが、ここに紹介する1台である。

 カスタムとは一般的には「こういうスタイルを作りたい」というように、理想とするルックスが先にあり、カスタムバイクを作り上げることが多い。要するに、このマシンの場合であれば「トラッカーを作りたい」というような具合である。
 しかし、このマシンはまず「SRらしいドコドコ感を味わいつつ、気楽に楽しく乗れる」ということをコンセプトに掲げてから製作を開始。その結果、カフェレーサーでもチョッパーでもなく、往年のストリートトラッカースタイルを持つ1台が完成したのである。
 それぞれのショップは、まずモトショップ五郎が外装をはじめとする全体のイメージを担当し、スラクストンがエンジンチューンや足回りを担当。こうして町乗りから本格的なスポーツ走行まで楽しめる、まさにSRの良さをとことんまで追求したマシンとなっているのだ。
 
 乗れば誰もが楽しめる……フルカスタムマシンでありながら、SRの原点がここには確かに存在する。

016a
ホイールはRKエキセル製リムU型を採用。径は19インチで、幅はやや太めで2.15インチ。タイヤは王道のダンロップ製K180だ。

016b
ハンドルはデイトナ製ダートラバー810を装着。絶妙な幅で、コントロール性の良さを発揮。デイトナ/ニッシン製ラジアルブレーキマスターで、ブレーキの強化も図る。

016c
モトショップ五郎オリジナルのアルミスクエアタンクmkIIはエッジの効いたデザインが特徴。ピンスト&レタリングはサインエフェクトによるものだ。

016d
エンジンチューニングと吸排気セッティングはスラクストンが担当。07年式400ccをベースに、500純正クランクやワイセコ製ピストン、ヨシムラジャパン製ステージ2カムなどを用い、排気量は536ccにアップ。キャブレターは精悍なブラックFCRを装着する。

016e
MS五郎製ナローシートはSRのスリムな車体を引き立てる逸品。当然、純正シートレールにフィットする。

016f
オーリンズ製リアサスペンションによって、走りの性能も大きくアップ。スタイルを優先し、あえてタンク無しバージョンを選択している。

016g
キジマ製クラシックテールランプをフラットフェンダーに装着。シンプルなリア回りを作り出している。

016h
リアホイールには極太3.00インチのRKエキセル製U型リム18インチを選択。タイヤはTW用以外で最も太いK180Gを装着。これはスズキ・ビッグボーイに純正採用されている特別サイズのタイヤなのだ。

016x
016y

Custom Spec
フューエルタンク:MS五郎製アルミスクエアタンクmkII/MS五郎製ナローシート/MS五郎製4インチアルミショートダウン/エアクリーナー:K&Nカスタムフィルター/テールランプ:キジマ製クラシックテールランプ/スピードメーター:デイトナ製機械式デジタルスピードメーター/デイトナ製インジケーターキットイモビ2連/チェーン:RKエキセル製LG520UW-R/ヘッドライト:ポッシュ製5.5インチベーツタイプヘッドライト/各部パウダーコート:カドワキコーティング etc.

関連記事