ヤマハSR400/500のカスタムパーツや
最新カスタム情報を毎日配信
SR専門カスタムWEBマガジン

2011年12月24日

平和MOTORCYCLE/YAMAHA SR400/No.005


005
取材協力:平和モーターサイクル

SRが持つ魅力を最大限に活用
シンプルな車体にセンスが光る!

 平和モーターサイクルと言えば、トライアンフやBSAなどの英国旧車やビンテージトレールの販売からW650やFTRなどの現行カスタムまで、幅広いジャンルで高いセンスを発揮するショップであり、同時にSRカスタムにおいても高い評価を得ているショップである。
 そんな同店が製作したSR400が、ここに紹介する1台だ。

 フレームはシートレールを加工したのみで、基本的にはストックを維持。足回りもストックのままとすることでSRらしさを十分残しながらも、シートやエキゾーストをワンオフで製作することで、平和モーターサイクルらしいクラシカル感溢れるスタイルを作り出すことに成功している。
 またワンオフパーツ以外にも、同店でよくある手法のひとつ「フューエルタンクの純正流用」もこのマシンでは採用されており、ホンダ車純正タンクを流用。他メーカーのタンクながらも、他のパーツとのバランスの良さもあり、違和感のない仕上がりとなっている。他にも、かさ高のシルエットが特徴的なAVON製のタイヤを装着し、ハンドルには同店オリジナルの60’sバーを選択。

 こうして、このマシンはSRの魅力のひとつである「シンプルさ」が最大限に引き出されており、旧車やトレール、現行車など、車種を問わずにその素材の良さを活かすことを得意とする平和モーターサイクルならではのセンスが光る1台として、高い存在感を発しているのである。
 

005a
同店オリジナルの60’sバーを装着。適度な広さと絶妙なアールによって、コントロール性とビンテージ感の両方をアップさせている。

005b
他車種のフューエルタンクを流用することを得意とし、このマシンでもホンダ純正タンクが採用されている。違和感のない仕上がりだ。

005c
適度なローダウンが施された以外は、足回りはストックのまま。初期型の純正ディスクブレーキも雰囲気を高める一因となっている。

005d
シートレールには加工が施され、シンプルなシルエットが強調されている。テールランプはキジマ製で、リアフェンダーはワンオフ。

005x

Custom Spec
ハンドルバー:オリジナル60’sバー/エキゾーストシステム:ワンオフ/シート:ワンオフ/Rフェンダー:ワンオフ/Rサス:コニー/メーター:Posh製ミニミニメーター/ヘッドライト:デイトナ製6インチベーツライト/テールランプ:キジマ製ラウンドテールランプ/フューエルタンク:Honda流用/シートレール加工/ペインター:Six Shooter etc.

関連記事